Pride

革の可能性をでき得る限り追求する。
丁寧に美しく、使い勝手のよいものを。

作品
作品
作品

革の持つ豊かな質感を活かして、実用性だけではなくファッション性のある長く愛着をもって使用できるものを作っていきたいと思っています。

またバッグやアクセサリーなどの装身具だけでなく、汎用性の高い革の特徴を活かして文具や鏡、スツール、マガジンラックなどのインテリア製品を手掛けて革の可能性をでき得る限り追求しています。機能性が優れたものを作ることを重視しつつ、外側からは決して見えないところも疎かにせず、丁寧に美しく、使い勝手のよいものを作るようにしていくことを心がけています。

作品
現代における手づくりとは一個のものを作るのにデザイン起こしから仕立に至るまでの全ての作業を含めて、一人の職人が一貫して作り上げることではないか、そのことによって使えば使うほどに愛着がわきとことん使い込める作品ができあがると考えています。
作品
作品
作品
作品
作品

バッグ作りでは、実用性だけでなくファッション性の高い魅力ある革を生かすために豊かな質感と量感を生かした作品づくりを目指しています。裏地には主に柔らかい豚革を使用しています。ファッション性を高めるためにタンニン鞣し革とクロム鞣し革を組み合わせた製品や打刻模様の入った手染めの作品を主体に制作しています。

その他、身近なアイテムとしてメガネケース、ペンケースやペン立てなど、更に指輪ケースなどの箱物、インテリアとして使用するマガジンラック、革バケツ、スツール、姿見なども注文制作に応じています。フリーカッティングと打刻によるオリジナル模様、染色、名入れも行っています。

Facebook